藤井 聡 教授

English Ver. 【2017年1月現在】  (逐次更新予定です)


fujii_2011_1■■

藤井 聡 教授
京都大学大学院工学研究科教授

および
京都大学レジリエンス実践ユニット長
内閣官房参与(第2〜4次安倍内閣)
『表現者criterion』編集長
カールスタッド大学客員教授


研究活動academic activities (業績リスト 等)

 

社会活動journalistic & political activities (メディア関係,政策提言等)

 

その他 (趣味)


 

新着-What’s New-


略歴

1968年 10月15日奈良県生駒市にて生まれる.

1984年 大阪教育大学教育学部付属高等学校平野校舎入学

1987年 同校卒業

1987年 京都大学工学部土木工学科入学

1991年 同大学卒業

1991年 京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻入学

1993年 同大学院修士課程修了

1993年 京都大学工学部(交通土木工学教室・起終点施設学研究室) 助手

1996年 京都大学大学院工学研究科(土木システム工学専攻・社会システム工学講座)助手へ配置換え

1998年 京都大学 博士(工学)取得(3月23日付け)

1998年 スウェーデン・イエテボリ大学心理学科,認知・動機・社会心理学研究室 客員研究員

2000年 京都大学大学院工学研究科(土木システム工学専攻・社会システム工学講座) 助教授

2002年 東京工業大学大学院理工学研究科(土木工学専攻)助教授

2006年 東京工業大学大学院理工学研究科(土木工学専攻)教授

2009年 京都大学大学院工学研究科 (都市社会工学専攻) 教授 (~現在に至る)

2011年 京都大学レジリエンス研究ユニット長 (~現在に至る)

2012年 京都大学理事補 (~現在に至る)

2012年 内閣官房参与


 

賞罰

1997年度 土木学会論文奨励賞(土木学会)

(受賞論文:個人の生活行動と 動的な交通流を考慮した交通需要予測手法に関する基礎的研究[総合題目])

2003年度 土木学会論文賞

(受賞論文:土木計画における社会的ジレンマ解消に向けた理論的・実証的研究[総合題目])

2005年度 日本行動計量学会林知己夫 (優秀)賞

(受賞論文:リスク態度と注意-状況依存 焦点モデルによるフレーミング効果の計量分析-

2006年度 第一回「表現者」奨励賞(雑誌『表現者』)

(受賞論文:村上春樹にみる近代日本のク ロニクル

2007年度 文部科学大臣表彰・若手科学 者賞

(受賞テーマ:社会的ジレンマについての処 方的研究

2008年度 米谷・佐佐木賞(研究部門)

(受賞テーマ:交通シミュレーション・交通行動変容・社会的都市交通施策研究)

2008年度 交通図書賞(経営部門)

(受賞書籍:「モビリティ・マネジメント 入門」 藤井聡・谷口綾子共著,学芸出版社

2009年度 日本社会心理学会奨励論文賞(日本社会心理学会)

(受賞論文:地域コミュニティ保守行動に 関する進化 論的検討:階層淘汰論に基づく利他的行動の創発に関する理論的分析

2010年度 第6回(平成21年度)日本学術振興会賞受賞(日本学術振興会)

(受賞論文:社会的ジレンマに関する社会科学的工学研究とその実践)

ページトップへ